オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

相談が増えています

怒る旦那

慰謝料とは、様々な不法行為によって精神的な苦痛を与えられたことへの損害賠償金を指します。暴力などによる身体への被害、またプライバシーの侵害などによる名誉毀損等で著しく精神的な被害を被ったと考えられる場合、これを請求することができます。

近年では、離婚時における慰謝料請求の相談が増えており、その内容も多岐に渡っています。どちらか一方による暴力や不貞などが明らかな場合は多くが認められますが、双方に責任ある場合はその判断が困難です。

離婚時に発生する賠償について。
慰謝料とは、主に婚姻関係を結んでいる夫婦で、離婚時に、精神的・身体的苦痛(損害)などを与えた側が、与えられた側に支払う金銭などの賠償のことを言います。明治29年4月に制定された民法710条、及び711条に、損害に対する賠償について書かれています。

日本では高齢化が進んでいるので、今後、熟年夫婦間での婚姻関係解消が増えることが予想されているため、弁護士事務所などへの慰謝料の相談件数が増えると言われています。

交通事故や離婚の慰謝料

離婚寸前

慰謝料とは、交通事故の被害者や相手有責の離婚の際などに請求できる権利のある精神的苦痛に伴う賠償金額のことです。これは請求する権利はありますが、かならず要求額が満額支払われる場合が多いわけではなく、加害者が支払いを拒否する場合もあります。こういった場合裁判にて支払額を決定することもあり、それに際して法律の専門家である弁護士に依頼することが重要となります。

弁護士事務所では依頼前に、無料や低価格での相談が可能です。

離婚相談で慰謝料を増やす
離婚問題を話し合う時には当事者同士で行うのではなく第三者を間に入れたほうがスムーズにいく場合が多いです。慰謝料問題もそうで専門家に相談して交渉を行うことによって、話し合い中のトラブルだけでなく、後々のトラブルも防止することができます。

相談するのは弁護士などの専門家がベストですが、証拠をそろえるためにも探偵事務所に依頼することも選択肢の一つです。

例えば浮気の証拠を押さえることができればそれだけ有利になるからです。

歴史

殴る嫁

離婚相談の歴史は古く、現在のような法的システムができる前から存在しているものだという認識がされています。古代においても男女の別れは一大イベントとして扱われてて、その中でさまざまな地位の人がアドバイスをしたりしてきました。

現在は完全に弁護士の仕事として定着をしています。離縁に関する法律問題を解決し、代理人となって法廷に立てるのは弁護士しかいないからです。慰謝料などの要求で金銭的なやりとりも発生しますから、今後も弁護士の活躍の場であり続けるといって間違いはないでしょう。

離婚時に発生する慰謝料の問題を解決できる相談
離婚時に発生する慰謝料の問題は弁護士などに相談することで解決する事ができます。あまり経験する事ではありませんので、色々と困惑してしまう事も少なくありません。

しかし弁護士に相談する事によって、色々と助言を受ける事ができます。それを活かす事によって問題を解決する事ができます。このように詳しい方にお話をする事によって、問題を解決する事ができますので、恥ずかしい問題かもしれませんが、きちんと話し合う事が必要になってきます。